指輪はプラチナ?

リングにプラチナが選ばれる理由をご存知ですか?プラチナが選ばれるのには、やはりそれなりの理由があるのです。
プラチナは、化学的に安定しているため、装飾品などに多く使用さる貴金属です。そのため、ダイアモンドと相性が良く、また、いつまでも白い輝きを失わないという利点があります。このことから、ジュエリー、特にダイアモンドに、プラチナは最適と言われています。仮に、ダイアモンドを金色の金属を組み合わせると、石座や爪の色が石のように見え、黄味がかって見えてしまいます。どうしても他の金属の指輪を希望する人には、石座と爪はプラチナ、リングの部分は希望する金属という商品を作ります。そこまでしてこだわるほど、プラチナのは強みは絶大なのです。

しかし、ホワイトゴールドと、プラチナは物凄く似ています。ホワイトゴールドはプラチナ同様ジュエリーなどでは人気のある素材です。では、何が大きく違うのかと言うと、プラチナの白は天然なものに対し、ホワイトゴールドの白は人口で、金製品なのです。金製品だと先に述べたように、石座や爪の色が石のように見え、黄味がかって見えてしまいます。このことから、プラチナはリングだけでなく、他のジュエリーでも重宝される素材なのです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 結婚指輪の選び All Rights Reserved.